レビトラの成分バルデナフィルがEDに効く理由

指をさす女性

レビトラは、バイアグラの次に開発されたED治療薬です。
バイアグラで指摘されていた、作用時間や食事の影響を受けやすいという弱点をカバーして誕生しました。
有効成分であるバルデナフィルは、水に溶けやすい性質を持っています。
素早く体内で効果を発揮できるため、服用してから最短15分で効果が現れることも。

EDの原因はさまざまですが、精神的・生活習慣の乱れ・服用している薬から発症する恐れがあります。
老化による肉体の衰えから、歳を重ねるごとにEDの発症率は高くなります。
色々な原因から「勃起ができない」という症状がでた場合、レビトラで改善可能です。

勃起は陰茎に血液が大量に流れ込み、スポンジ状の海綿体組織を満タンにすることでおこる生理現象。
健康体の男性は、性的刺激を脳に送りそれがキャッチされると、脊髄を通じて陰茎に「勃起タイムですよ」という指示を送ります。
指示が送られると、サイクリックGMPと呼ばれる物質が血管を拡張させ、血流を増やして膨張し勃起する仕組みです。

射精が終わると勃起を鎮めるためのPDE5と呼ばれる酵素が働きます。
性的興奮を鎮める作用があるので、男性器は元の状態に戻っていきますが、ED男性の場合はPDE5が活発に働いてしまうのが原因です。
PDE5が勃起するタイミングで働いてしまうことで、サイクリックGMPの機能を邪魔して「勃起しない」となるのです。
そこでレビトラを服用すると正常な勃起をサポートしてくれます。
レビトラは、PDE5阻害薬に分類されているため血管を拡張して血流量を増やす作用があります。
服用すれば勝手に勃つわけでなく、性的興奮・刺激を与えることで自然に勃起。
作用が続いている間は、何度でも勃起できるチャンスがあるので、恋人とのセックスを楽しんでください。