なぜジェネリック品は格安購入できるの?

首をかしげる犬

レビトラにはジェネリック品が存在していて、同じ効果を格安で手に入れられます。
新薬は開発した会社が特許を取ると、20~25年の間、製造会社が独占的に販売できます。
特許が切れた後は、開発した会社とは別の会社が同じ有効成分を使ってジェネリック品の製造・販売が可能。

レビトラは、開発されるまでに9~17年という長い年月と、数百億円ものコストをかけ誕生しました。
成分の開発から手掛けているため、新薬としての販売価格も高値で設定されます。
ジェネリックの開発期間は3~5年と短く、コストも1億円程度と大幅にダウン。
リーズナブルな価格で購入できるのは、開発にかかる費用が抑えられているからです。

レビトラは1錠1,900円で販売されていますが、ジェネリック品なら1錠190円ほどで購入できます。
また同じ有効成分が使われているので、効果や服用方法に変わりはありませんが、飲みやすさを改良している場合も。
ジェネリック品の製造は、有効成分・用法・用量・効能・効果は同じでなければいけません。
新薬と違いが異なっていても大丈夫なのは、お薬の形状・色・添加物などです。
「錠剤が大きくて飲みにくい」となっても飲みやすく改良したり、特許の関係で使用できない添加物を変更したりします。
効果自体に影響がない範囲での製造になるので、安全性や有効性は認められた上で販売しています。
レビトラの効果を低価格で実感したい方は、ジェネリック品の購入がオススメ。
現在レビトラのジェネリック品は日本未発売のため、通販サイトから買うのが正解です。
通販サイトは病院へ行く時間がかからないので、自宅にいる時でもサクっと注文ができます。
高い品質を格安で提供するジェネリック品を試してみてください。